2006年05月02日

交通ニュースいろいろ

ゴールデンウイーク、閉館を前に交通博物館は大混雑

 

  

ゴールデンウイークに入り、今月14日に閉館する東京・神田の交通博物館が、鉄道ファンや親子

 

 

連れで連日大混雑している。

 


 

 1921年に東京駅の高架下に開館し、36年にJR秋葉原駅に近い現在地に移転。鉄道車両の実

 

 

物など、陸海空の交通機関に関する展示を行ってきたが、老朽化などのため、移転することになっ

 

 

た。「さようならキャンペーン」と銘打ち、枚数限定で復刻した切符を配布しており、2日朝も、長蛇の

 

 

列ができる人気ぶりだった。

 

来年10月14日の「鉄道の日」に、「鉄道博物館」と名前を変え、さいたま市で再オープンする。

(読売新聞)

  後10日足らずで閉館ですもんねぇ。私なんかは交通博物館で育った世代なのでやっぱり寂し
いですね。それにしても日本人ってなんで「引退・廃止・閉館」に弱いんだろう?だってこの前までが
らがらだったのに今になってこんなに来なくてもいいもんだがね。
東武鉄道は1日、東武伊勢崎線浅草駅など東京、埼玉、栃木の各都県内の14駅で、切符売り場にある運賃表の駅名表示に一部誤りがあったと発表した。

 3月18日に運賃表を改訂した際のミスで、東武鉄道は利用客の指摘を受けるまで気付かなかった。

 直通運転をしている野岩鉄道会津鬼怒川線の中三依(なかみより)温泉駅について、東武宇都宮など12駅で、実在しない「中三依塩原温泉」と表示されていた。

 浅草と東武動物公園の2駅では、中三依温泉駅と上三依(かみみより)塩原温泉口駅が入れ替わっていた。

 このミスで、浅草、東武動物公園から中三依温泉駅までの運賃は、実際より90円高く表示。東武は誤表示があった先月28日までの間に同区間を利用した乗客に対し、差額運賃を返金する。
 また東武か・・・。
 それにしても東武はいい加減だな。先日の踏切事故といい乗務員室侵入事件といいいろ
いろやらかしてくれる。ある意味ネタに困らないからいいけど(W
 でも、普通運賃改定とかの時は運賃表類は何回も確認するんだけど東武さんはそれをや
らなかったんかな?あの会社はいろんな意味ですごい会社だから・・・。OBと働いているとそ
れがすごい解るような気がする・・・。
posted by 大船運輸区 at 12:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 交通ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

170. 堪能した旅━4(中三依温泉での十割蕎麦)
Excerpt: 会津鉄道 湯野上温泉から会津田島、東武電鉄を経て帰京しましたが途中の中三依温泉でも楽しい出会いがありました。 駅の名に中三依なかみより温泉駅と「温泉」がついているのでそこそこの賑わい..
Weblog: 宝塚受験のための音楽教室「虹の会」を主宰する元宝塚歌劇団 七色春香 の徒然なるままにしたためた日記
Tracked: 2006-12-01 21:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。