2005年08月03日

車内全面禁煙に思う

 皆さんこんにちは、大船運輸区です。昨日は関西方面から来客があったのでその方と東北道を経由して佐野・足利まで行ってきました。ムーンライトながらで来京した客人を拾って午前6時に東京駅を出発し、途中浦和付近のファミレスで朝食を取り東北道に乗り「道の駅どまんなかたぬま」には午前8時30分ごろに到着しました。行きは順調に進んだのですが、帰りは首都高の渋滞に巻き込まれ相当時間を食ってしまいました。夏休みとはいえ相当混んでいて運転するのも一苦労でした。

 さて今日は、列車内の禁煙についてです。「今週のスイッチVOL15」にも書いたとおり私は

車内全面禁煙絶対反対

 であります。

 私は、現行の制度を崩して欲しくはありません。確かに普通列車や関東や関西近辺の私鉄は平均20分から30分程度程度しか乗車しないので全面禁煙でも仕方ないし悪いとは思いません。ただ、新幹線や寝台列車など乗車時間の長いものに関しては「全面禁煙=喫煙者に対する拷問」としか思えません。特に寝台に関しては個室の人に関しては問題ないでしょうが、ロビーカーが吸えないとなると開放のB寝台に乗車する喫煙者に対しては何か保障等はあるのでしょうか?それとも喫煙者を個室に乗せて金を毟り取ろうとする策略なのでしょうか?

 特に準備もせずいきなり全面禁煙を打ち出すJR東日本側もどうかしています。例えば「関空特急はるか」や近鉄の「アーバンライナーネクスト」この列車達は、客室内禁煙ですがちゃんとデッキには喫煙者用のスペースがあります。しかし長野新幹線に使用するE2系新幹線にはそのような設備も無いどころか、デッキも禁煙にするようです。

 我々喫煙者はタバコ代の中で「タバコ税」「地方特別税」など様々な税金を支払っています。その中から旧国鉄の負債を返済しています。ほかの私鉄や公共の場所などは兎も角JRに関しては喫煙者に対して恩を仇で返すような真似をしていいのでしょうか?私には理解できません。少なくても完全民営化したからといって旧国鉄の借金を肩代わりした喫煙者を邪険にするのはどうかと思います。嫌煙の連中の意見の中に「車内を通り抜けようとすると喫煙車でとても臭かった」「隣の車両が喫煙車で匂いがこっちに来る」等とあるようですが、私に言わせれば「もっと頭を使え」と言いたくなります。これらの意見に対しては、「あらかじめデッキ前に書いてあるからちゃんと調べて乗れ」「調べて指定券を買わないおまえが悪い」と思うのですがいかがでしょうか?

 もう少しJRとしても頭を使って欲しいですね。以上ヘビースモーカーの戯言でした。

 
posted by 大船運輸区 at 15:43| Comment(3) | TrackBack(1) | 交通ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 私は運輸区さんの気持ちもわからなくはないですが、やはり嫌煙派ですね。鉄道の車内で喫煙車両にどうしても乗らなくなってしまったとき、煙だらけだと気持ちが悪くなります。混雑していたら逃げ場すらない。京都から丹後地域へ出る特急は時としてそういうことがあります。

 最近は禁煙指定を取るので大丈夫ですが、煙草の煙が苦手な人からすれば地獄ですよ。

 煙草を吸う人の一般論としてですが、車内から投げ捨てする人は一向に減らないし、スキーに行けばゲレンデに投げ捨てる奴もいるし、道で吸ってて溝に入れ込む奴もいるし、私はそういうのをよく見かけるので余計に煙草を吸う人間を嫌悪しています。

 少しの人だけが適切なマナーで吸ってくれていても、残り大多数がいつまで経ってもモラルの低い吸い方をしているので、いっそどんどん締め出してほしい。

 煙草でアレルギー症状が出る人もいるから、嫌煙というのはむしろもっと助長されてもいいように思いました。税金払ってるからじゃなくて、みんなが嫌がるものをお金を払って吸わせてもらっているというスタンスです、私は。

 とは言え、旧国鉄の借金が煙草の税金で補われているのも事実ですし、もう少しきちんとした配慮・・・んー難しいですね。

 ただ、禁煙にしないとISOとかが取りづらくなるのかもしれません。私は禁煙素直に賛成ですからいいですけどね。
Posted by まっすー at 2005年08月09日 20:05
まっすーさんが書き込みされてるので私も。

この際、JRへの抗議として
「今後一切たばこ税の支払いを拒否する!」
というのはどうです?

ちなみに私の愛煙家の友人は、最近ニコレットで禁煙に成功しました。
あれ噛んでたら、わずか1週間でたばこを吸いたくなくなったそうですよ。
やはり禁煙するなら精神力だけじゃなく、医学に頼るべきですね。
Posted by atsu at 2005年08月12日 23:57
こんにちは。
私も吸わないので、正直、禁煙車が増えても構わないのですが、それでも長野新幹線の全面禁煙には驚きました。
8両中2両くらいは残してもいいんじゃないかと。長野の場合、乗車時間が短いから我慢せよ、ということですかね。何だか、体のいい費用削減策のような気もしますが・・・・・・。


あと、喫煙者は確かに余計な税金を払ってますが、健康を害することにより社会保障費も多く食っていて、結果的には全然社会に貢献していないみたいですよ。
何かで見ました。
Posted by 南仙台 at 2005年08月26日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【だから何?】たばこ規制条約:広告や販売促進を原則禁止
Excerpt: あのー新幹線の中くらい、自由に煙草を吸わせていただけないでしょうか? 国鉄時代の借金をこの煙でお支払いしているのですから... いや、大きい顔はしません。 少ない小遣で、税金払っているものですか..
Weblog: ★ちゅっ!どーん!ブログ★
Tracked: 2005-08-06 22:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。